ウォータースタンド【比較】色々なお水との違いを調べて見ました。

Pocket

ウォータースタンド【比較】色々なお水との違いとは?

ウォーターサーバーを利用していると、

コストやメンテナンス注文などで

色々悩むことがありますよね。

 

しかし、ウォータースタンドを検討している場合は、

ライフスタイルからウォータースタンドの

活用例を見て下さい。

 

ウォータースタンドとは、

宅配水と浄水器の両方のいいとこ取りを

した全く新しいタイプのウォーターサーバーです。

 

ウォータースタンド【比較】宅配式ウォーターサーバーとの決定的な違いとは?

宅配水のウォーターサーバーを使用していると、

何か色々不便を感じる場合はあるでしょう。

 

ウォータースタンドは

その不便さも解消してくれます。

 

とある調査によると、

宅配水を始めたきっかけとして一番多かった理由が、

「水道水が口に合わず、美味しい水が飲みたかったから」

また、宅配水を辞めてしまった人の理由で多かったのは、

「宅配水の料金がとても高いから」だそうです。

 

ウォータースタンドは、水道直結式ウォーターサーバーなので、

温水、冷水、常温水が定額制のレンタルで安心安全で、

綺麗で美味しいお水がいくらでも使い放題になります。

 

宅配式サービスも知り尽くしているジャストだからこそできる、

全く新しいタイプのウォーターサーバーです。

 

もし、今、こんな悩みがあるのであればオススメです。

 

宅配水は、最近は、小さめのボトルも販売されていますが、

ほとんどのタイプでは、およそ12kgのタイプがメインです。

 

なので、とても重いですし、置き場所にも困るでしょう。

 

大きいのスペースがなくて邪魔だと感じてしまいますし、

 

空になったらなったで、空もスペースを取りますし、

とても困りますね!

お水なので置き場所など、

屋外の直射日光の当たるところや、

熱源の近くなどや埃がたまる場所、

湿度の高いところ、避けたり、

なので安全性、衛生面を気をつけて場所を

決めなくてはなりません。

 

なので場所にも気をつか分ければなりませんし、

なのでボトルの置き場所にも困るでしょう。

 

ウォータースタンドだとそういうことを

気にする必要性はありません。

 

12kgで少し割高な場合が多いですが、

多くの人にとってこのボトルの差し替えが、

面倒ですし、重くて大変でしょう。

 

ウォータースタンドなら、ボトルの交換も不要なので、

そのような悩みも解決できます。

 

BEFORE

AFTER

ウォータースタンド【比較】ウォーターサーバーはボトルの在庫が邪魔になる。

そしてボトルの在庫が溜まっていくと

場所を取ってしまいます。

 

宅配水なので在庫のお水がなくならないように

するために気にしなくてはいけないので、

いくつか在庫を置いて置かなくてはなりません。

 

そのために置き場所はとても困りますね。

 

なので、サーバーの置き場所と同時に、

在庫の置き場所も必ず必要となってきます。

 

定期的にメーカーから送られてくる在庫がたまって

スペースを取って邪魔になってしまうこともあります。

しかし、ウォータースタンドなら、

本体以外にスペースを取る必要はありません、

さらに、本体もコンパクトに設計されているために、

邪魔になりません。

 

もし、いざという時のために備蓄水を置くとするなら、

ペットボトルのケースに保存して置くといいでしょう。

ウォータースタンドでは、

お水はいくらでも使い放題なので、備蓄水も可能です。

 

BEFORE

 

AFTER

ウォータースタンド【比較】ウォーターサーバーは料理にはもったいない。

宅配水はもったいなくて料理には使えない、

ということもあるでしょう。

 

宅配水は料理も使えます、

しかし、コストを考えると料理に使うのは

少し勿体無いでしょう。

 

本当は料理に使いたいところでも、

そのまま水を飲むか、コーヒー、紅茶などの

飲料がメインで、料理に利用するのは

もったいないという意見も多いようです。

 

ウォータースタンドなら、

水道直結式ウォーターサーバーなので、

定額制でいくらでも使い放題なため、

料理でも気にせず使えるのでとても便利です。

 

BEFORE

AFTER

ウォータースタンド【比較】ウォーターサーバーは注文が面倒

注文が面倒なため、注文をし忘れて

水切れしたこともある人もいるでしょう。

 

注文形式の場合、どうしても次回までに、

必要な分になってしまうために、

水切れになってしますことがあります。

 

逆に注文しすぎても、

その分は在庫がたまってしまいますし、

スペースも取りますし、お金もかかります。

 

なのでウォータースタンドなら、

いくらでも使い放題ですし、

そもそも配達がないので、

注文を忘れる、ということがありません。

 

もちろん注文しすぎる必要もないので、

いくらでも使い放題で便利です。

 

なので注文するという、

面倒なこともなくなります。

 

BEFORE

AFTER

ウォータースタンド【比較】ウォーターサーバーはメンテナンスが面倒。

ウォーターサーバーは、衛生的に使うには

メンテナンスが必要です。

 

なので、お水の差し込み口から抽出口など、

そして空気に触れやすいところは注意が必要で、

手の届かないタンクの中などは、

メーカーのメンテナンスが必要となります。

 

しかしこのメーカーのメンテナンスが、

しっかりと行き届いてない場合が多いようです。

 

しかし、ウォータースタンドでは

メンテナンスを重視ししており、

定期的に実施しているために、

手入れの行き届かないところまで、

メーカーのスタッフがお伺いして

掃除をしてくれます。

 

BEFORE

AFTER

ウォータースタンド【比較】ウォーターサーバーの電気代はどのようになっているのか?

ウォーターサーバーの電気代は、

機種や製品によっても、

異なりますし、

利用する環境によっても変わってきます。

 

基本的には、

月4本(12リットルを4本)の利用する場合の

電気代では、約1000円ぐらいとなり、

省エネ機能が搭載されているタイプですと、

この半分ぐらいが目安となります。

 

ウォータースタンドでは、

もちろん省エネに配慮をした設計となっています。

 

ウォータースタンド【比較】何を重視した上で、どの種類のお水を選択しますか?

 

宅配水は大まかに2つの種類に分けることができます。

それは、「純水タイプ」と「天然水タイプ」です。

 

どちらも製法が異なっていて、

不純物の除去率では「純水タイプ」が優れています。

 

また、純水タイプはRO水、

またはピュアウォーターとも呼ばれていて、

RO(逆浸透膜)フィルターというNASAも採用する

ウィルスや細菌、バクテリア、放射性物質までも、

除去する、高性能なフィルターを使っているのが、

RO水(純水、ピュアウォーター)です。

 

ウィルスの中でも現在最も小さいものでも、

逆浸透膜の孔よりも大きいため、

逆浸透膜が破裂しない限りは、

全ての病原菌やウィルスは水から除去できる。

 

そのためとても高性能なろ過機能を選ぶのであれば、

純水タイプを選ぶのが良いです。

 

飲みやすさとしては天然水タイプがミネラル豊富で、

好まれる傾向です。

 

お水の選択は、味やコスト、衛生面、用途に電気代など、

様々な面を考慮して選択することをお勧めします。

 

ボトルウォーターを現在使っている方にオススメなのが、

プレミアムラピアシリーズです。

 

プレミアムラピアシリーズは、

純水なので、余分な癖がなく、

ミネラル分も取り除いた、

水本来の味を味わうことができます。

 

料理などにも最適です。

 

ウォータースタンド【比較】他社との料金を比べてみました。

サーバー 料金
ウォータースタンド 通常3980円〜

長期プラン最低3000円〜

長得登録料 10000円

クールクー 最低4200円〜

設置費用18000円

アクアセレクト 2685円〜(お水の料金)

 

ウォータースタンドの料金は、

3000円からとなっています。

 

レンタル料金のみでこの値段ですので、

定額制で宅配水代がないことを考えると、

かなりお得と言えるでしょう。

 

なので、ウォータースタンドはかなりおすすめです。

↓      ↓       ↓

ウォータースタンドのレビューはこちら

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ