水道水を飲む害について。その安全性について調べてみました。

Pocket

毎日飲む水の水質はとても大切です。

そして、水の水質について知る必要があります。

では、どういう部分に注意した方がいいのか

具体的にみていきましょう。

 

水道水を飲む害について。自分飲むについては考えたことはありますか?

通常は、

水道水の蛇口から水を出して

水をコップに注いで飲みます

 

しかし

あなたは本当に毎日どれだけ飲むことあります

 

あなた自身で飲んでいるは本当に安全かどうかわかりますか?

 

また、

ペットボトル入りの水も本当に安全でょう

 

家庭の水突然汚染された場合

何をすることができます

 

あなたは、

自分の家の飲み水についてどれだけ知っているでしょうか?

 

水道水を飲む害について。どのくらいの水が必要なのか?

あなたの体重は50%以上が水です。

水がなければ、

通常の体温を維持したり、

関節を潤滑したり、

排尿・汗・排便を通じて老廃物を取り除くことができません。

 

水はとても重要なので、

水分を補給しないと脱水が起こり、

筋肉の衰弱や痙攣、

調整の欠如、

熱疲労や熱中症のリスクが高まります。

 

なので、

人は水なければ5日間以上持続することができません。

 

1日にどのくらいの水が必要なのかというと、

あなたが毎日代謝をすることによって排尿、

発汗、

などによって外に出すものを置き換えれば十分です。

つまりそれであなたの水が必要な量は増えます。

 

暖かい暑い天候の場合、

運動や庭での作業など、

活発な身体活動がある場合、

病気の発作の間、

特に熱がある場合・嘔吐・下痢または咳、

毎日1.5リットルの水を飲む必要があるとよく聞きます。

 

必要な量の感触を得るために、

飲み水の量を数日間チェックすることをお勧めします。

 

飲料水とスープや飲み物のような液体、

水を含む果物や野菜をたくさん飲むことによって、

毎日水を十分に得ることができます。

 

スポーツやランニングなど、

激しい何かをするつもりなら、

その前や途中や後に水が必要になることを覚えておいてください。

 

水道水を飲む害のについて。どのような汚染物質が水に入っているのか?

基本的に水は汚染されていることが想定されます。

それは、

ヒトまたは動物の便から水に入る細菌および寄生虫のような微生物を含むことあります。

 

肥料に使われている物質は、

土地から流出して水に入ることがあります。

 

鉛や水銀などのさまざまな鉱物が地下から、

時には不適切な処分から、

 

しばしば水道に入ることがあります。

 

水道水を飲む害について。沸騰した汚染された水は飲むために安全なのか?

 

汚染物質に依存します。

 

沸騰水は細菌を殺すことができますが、

鉛・硝酸塩・農薬などは影響を受けません。

 

そして、

沸騰は水の量を減少させるので、

それらの汚染物質の濃度を増加させます。

 

水の汚染は、

環境の汚染の程度に直結しています。

 

大気汚染は湖、川、帯水層に洗い流され、

化学物質(農薬や洗剤など)は地中から地下の貯水池に浸透します。

大量の化学薬品や汚染物質が最終的に水路に入り、

結果的に飲料水の供給源が見つけられます。

 

これらの化学物質とは何で、何ができますか?

今日の水道水には200種類以上にのぼる化学物質が含まれており、その多くは医学研究によって病気や病気に関連しています。

 

ベンゼンはガソリンに使用され、

排気ガスを介して空気中に放出され、プラスチック、ゴムおよび合成繊維の製造にも使用されます。

 

それは大気汚染と土壌汚染を通じます。

 

ベンゼンはがん発がん物質であり、心臓・肺・肝臓・脳のがんの発症・胃の刺激・めまい・けいれんと関連しています。

 

ベンゼンはまた、

赤血球の損傷を引き起こし、

その数を減少させ、

貧血・骨髄疾患・免疫系の低下および感染リスクの増加を招く可能性がある。

 

鉛は、

パイプ・はんだ・継手の中で、

その有害な影響が完全に理解される前に、定期的に使用されていました。

 

これらのパイプの多くはまだ使用されており、

毎日この有害物質にさらされています。

 

鉛は毒性があり、

累積効果があり、

何年にもわたって蓄積し、

後の人生で重大な健康上の問題を引き起こす可能性があります。

 

記憶障害・腎臓損傷・脳および中枢神経系、

男性および女性の生殖器障害を引き起こす可能性があります。

 

鉛はまた、

早産・小児の出生時体重減少および学習困難に関連しています。

鉛は成長する組織に最も簡単に吸収され、

幼児・子供・妊婦・未熟児は中毒を引き起こすことが他のものよりもさらに重大であることを意味します。

 

 

水道水を飲む害について。これらの化学物質を水からどのように取り除くことができるのか?

 

水は毎日2リットルを飲んで、

健康で水分を保つことが推奨されていて、

健康には毎日欠かせないくらい生活習慣にとって重要ですが、

有害な化学物質が含まれている場合は何ができるでしょうか?

 

水道会社が行っているように汚染や感染症に対処するために水道にもっと多くの化学物質を加えることは、

水に残っているだけで問題を増やし、悪影響を与えます。

水のろ過は、

これらの化学物質を除去するための一番の方法ですが、

一部の方法は信頼性が低く、

汚染物質のすべてではなく一部を除去しています。

 

逆浸透水フィルターは、

最も効率的な方法です。

 

なぜかというと有害物質をほとんどすべて除去してくれるからです。

水道からきれいな純水を提供します。

 

ROは汚染された水を選択的な膜に押し込み、

一方の面に汚染物質を残し、他方の面に水を通過させて、すべての汚染物質を99%まで除去します。

水道水を飲む害について。汚染物質の除去はROフィルター搭載のウォータースタンドで可能。

逆浸透膜フィルターによって、

有害物質のほぼ99%が、

除去可能で安全安心して水道水を飲むことが可能です。

 

ウォータースタンドは、

水道水直結サーバーなので、

いくらでも飲み放題使い放題です。

さらに、RO水にするのであれば、

ウォータースタンドのプレミアムラピアシリーズはお勧めします。

 

逆浸透膜フィルターの付属しているウォータースタンドのプレミアムラピアシリーズによって安心して水を飲むことができます。

なので、水道水を飲むのが不安な方は、

ウォータースタンドのプレミアムラピアシリーズをお勧めします。

ちなみに、ウォータースタンドは下記の
公式サイトから購入可能です。
↓ ↓ ↓

⇒ウォータースタンドの口コミ。本当に使い放題なのか?【レビュー】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ