赤ちゃんの湯冷ましには水道水がいいのか?それともミネラルウォーターか?

Pocket

赤ちゃんの湯冷ましには水道水がいいのか?それともミネラルウォーターか?

 

赤ちゃんには欠かせないミルクそれ以外にもかかせないのが、

湯冷ましです。

 

お水を煮沸させて冷ましたものを湯冷ましといいます。

 

赤ちゃんにはなぜそのままの飲み水ではなく、お湯を冷まししたものを飲ませたほうが良いのでしょうか?

 

天然水でもいいのではないでしょうか?

ミネラルウォーターを飲ませるときに注意すべきこと

水道水を避ける場合、赤ちゃんの水分補給はどうしたら正解なのか?と感じているママもいますよね。

 

そのときは、ミネラルウォーターもバリエーションに加えてみたらどうでしょうか?

 

ミネラルウォーターなら湯冷ましにすることもなくて、使い勝手が良いので出かけた先でも一役買います。

しかし、赤ちゃんに飲ませるときのミネラルウォーターは、硬度100以下の軟水を選択することが良いのだそうです。

 

硬度の高いミネラルウォーターは、ミネラル成分が豊富で、赤ちゃんの内臓に負荷をかけてしまうことなども想定されます。

 

ミネラルも重要な成分ですけれども、ミルクなどにも含有されているので、摂取し過ぎは体内のミネラルが不安定になり多すぎたり少なすぎたりすることにもなります。

 

またミネラルウォーターは、開けてすぐ飲ませることが可能ですが、保管のため冷蔵庫に入れたところ、冷たいまま赤ちゃんに飲ませるのはダメです。

 

赤ちゃんの身体は過敏です。

 

飲ませるとき常温にしてから飲ませましょう。

 

冷やりとした水は、胃腸に刺激をあたえて、お腹を壊してしまう危険性があります。

 

冷やりとした飲み物で体が冷えて低体温になると抵抗力が下がり調子を悪くしてしまうきっかけにだってなることもありえます。

 

湯冷ましを飲ませるのはなぜか?

湯冷ましは、沸騰したお湯そのまま冷ましただけのものですので、要するに、常温水となります。

 

沸かして冷ますのは少し手間がかかることなので、

 

水道水をなぜそのまま飲んではいけないのかと考えるお母さんだって見受けられます。

 

今まで、水道などの通常の水ではない湯冷ましを使用していた一因として考えられるのは、

 

かつては井戸水などを沸かすことで消毒殺菌し、お水の安心し飲めるようにするためです。

 

また、カルキ(次亜塩素酸カルシウム)を分離できる ということがあったのです。

 

かと言って、今は井戸水を用いることも少なく、水道水のカルキも体調が悪化するほど濃さが高いわけではありませんから、生まれてすぐの赤ちゃんだとしても水道水を口にしても心配ない、とのことです。

 

ですが、カルキというものは人のお腹などに負荷をかけることも。その負担も人それぞれであるわけです。

 

赤ちゃんはまだ体調の変化を調整しにくく、赤ちゃんのお腹の強さはさっぱりわからないため、より安心できるやり方として、水道水を避けるという方法もあるのです。

 

赤ちゃんのお腹に負荷をかけない湯冷ましの作る方法とは?

赤ちゃんのおなかの安全のために水道水は避ける必要があるということですが、

はっきり言って日本の水道水は、とても安全性が高く、

そんなにも細かく気にする必要はなく、別に避ける必要ないです。

しかしながら、時と場合によっては、ミネラルウォーターを準備できないケースもあることも考えられますでしょう。

しかも浄水器は高くて手に届かない…と思っているご家族も多々あるでしょう。

湯さましを水道水で作るときは、5~10分程度沸かしましょう。

沸かすことで、カルキ臭が抜け落ちます。そのお湯を常温ぐらいになるまで冷ましたら、

湯冷まし完了というわけです。

 

湯冷ましを保存する場合は、魔法瓶を使用するととても便利でしょう。

 

とはいえ、滅菌作用が備わった塩素がなくなった水は、時間が経過すると細菌が増えてきます。

 

なので、使い残した分は捨てて、そのたびに作りなおすのがベストです。

 

保管する場合でも、当日中にはお水が空になるようにしましょう。

人それぞれ、赤ちゃんによいと感じている水は異なってきます。

 

ミネラルウオーターは、使いやすい点も見受けられますが、赤ちゃんの臓器へのダメージも感じられ、オススメができないという捉え方もあります。

 

まあ、赤ちゃんの体調を考慮した水でミルクを作り、水分を補給してあげるとよいでしょう。

 

浄水器を通した水を選択肢として考えてみてはどうでしょうか?

お湯を冷やして湯冷ましにする理由は、前述した通りカルキ臭をなくしたり、殺菌するため。

 

けれども、浄水器を介したお水であれば、水道水でも活性炭により塩素を吸着し、中空糸で細菌類を取り除けるとのことです。

 

そういうことなら、必ずしもお水を湯冷ましにさせなくてはいけないということにはなりません。

 

特に近頃、浄水器の高機能で、高い安全性が備わっているというものも多数あるので、

 

ぜひ購入を考えてみることも良いかもしれませんね。

 

ですが、カートリッジの替えなどが、ややコストがかかるケースでも見受けられます。

 

機材に料金がプラスされる事を念頭に置きたいですね。

 

赤ちゃんにおすすめできる、浄水器とは?

赤ちゃんには、浄水器をお勧めしたいところですが、

 

値が高いと思います。

 

なので赤ちゃんの胃に負担をかけない、

 

軟水よりもさらに不純物を取り除いた純水の水を飲むことができる。

 

そんな、高機能な浄水器であるウォータースタンドがおすすめです。

 

月々の3000円〜7000円のレンタル料金のみで、

水道水が天然水のような美味しさに変わります。

 

クセのない、ピュアウォーターになります。

ウォータースタンドは、ミネラルを含めて、

 

他のほとんどの有害物質も除去できるため健康のにためになります。

逆浸透膜フィルターによって、有害物質のほぼ99%が、

除去可能で安全安心して水道水を飲むことが可能です。

 

ウォータースタンドは、このように普通のウォーターサーバーと違って、コンパクトなタイプなサーバーとなっており、

水道直結式のウォーターサーバーになります。

なので水道水と同じように、使い放題なんです。

また、ウォータースタンドのプレミアムラピアシリーズは、

月々のレンタル料のみでいいのです。

月々の料金は商品によって異なりますが、

月約3000円~約7000円くらいになります。

商品によって機能も異なりますが、

冷水と温水、常温水が使えます。

なので、ウォータースタンドのプレミアムラピアシリーズはお勧めします。

 

ちなみに、ウォータースタンドは下記の
公式サイトから購入可能です。
↓ ↓ ↓

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ