ミネラルウォーターは赤ちゃんのミルクにそのまま与えても大丈夫か?煮沸したほうがいいのか調べてみました。

Pocket

ミネラルウォーターに含まれるミネラルの成分が、赤ちゃんの臓器に負荷をかけてしまいますので、ミネラル成分を過剰に摂取することはあまりよくありません。

そもそも、あまり、飲むことをお勧めできません。

ミルクを調乳する時の水のタイプについてお話していきます。

ミルクを作る時にミネラルウォーター使っても安全なのでしょうか?

赤ちゃんに水をそのまま飲ませるときは、衛生面も合わせてその成分などが心配な所です。

赤ちゃんのミルクを溶かすときに使うお湯は、家庭によって違います。

市販の浄水器を蛇口に取り付けることもありますし、

ペットボトルなどのミネラルウォーターを購入する、または、

水道水を煮沸してカルキなどを飛ばして湯冷ましのように活用する方法や

ウォーターサーバーなどから使用するなどのほかに、

スーパーなどで配布している水をポットで温めて使用するなどいろいろあります。

ミネラルウォーターをミルクに使う場合、軟水または純水がいいです。

ミネラルウォーターと一口に言っても、実はいろいろな違いがあります。

農林水産省のガイドラインでは、ミネラルウォーターとは「特定水源から採取された地下水のうち、地下でミネラル分が溶け込んだもの」を指しています

殺菌方法する方法は、ろ過、沈殿後に”加熱殺菌”オゾンを使った殺菌、UV,紫外線を使用した殺菌などいろいろあります。

また、浄水器を使った浄水という手段もあります。

たとえばRO(逆浸透膜)フィルターを使うことにより細菌、ウイルスなどを99%除去することが可能です。一番手軽でおすすめできるのがROフィルターを使った除去となります。

また、ミネラルウォーターは含まれるミネラル成分の硬度によって、硬水と軟水に二種類に分類けされます。

硬度とは、水1リットルの中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量のことです。

硬度が1リットル中120mgを超えると硬水、1リットル中120mg/l未満のものを軟水といいます。

ミルクにミネラルウォーターを使用するなら、ミネラルウォーターの商品に書かれている硬度の部分もしっかりと見て、低めの硬度のものを選んで使ってください。

赤ちゃんのミルクには硬水はよくないので、硬度300mg以上のミネラルウォーターは、危険です。

赤ちゃんの体調を崩してしまう可能性があるので、ミネラルウォーターを買う際は気を付けた方がいいでしょう。

なのでミネラルウォーターをミルクに使用する場合は、

硬度の低い軟水か純水の水を使うといいでしょう。

 

基本的に日本のミネラルウォーターは軟水なので、

赤ちゃんが飲んでも大丈夫でしょう。

しかし、それでも不安であれば純水をお勧めします。

 

そういう時は、浄水機能(ROフィルター)の備わった

水道直結式サーバーであるウォータースタンドをお勧めします。

 

メンテナンスも簡単ですし、

 

月々の3000円〜7000円のレンタル料金のみで、

水道水が天然水のような美味しさに変わります。

 

クセのない、ピュアウォーターになります。

 

ROフィルターの備わったウォータースタンドのプレミアムラピアシリーズとは何か?

 

 

ウォータースタンドは、ミネラルを含めて、

 

他のほとんどの有害物質も除去できるため

健康のにためになります。

 

もちろん微生物も細菌もウイルスも除去可能です。

 

逆浸透膜フィルターによって、

有害物質のほぼ99%が、

除去可能で安全安心して水道水を飲むことが可能です。

 

ウォータースタンドは、このように

普通のウォーターサーバーと違って、

コンパクトなタイプなサーバーとなっており、

水道直結式のウォーターサーバーになります。

 

なので水道水と同じように、使い放題なんです。

 

また、ウォータースタンドのプレミアムラピアシリーズは、

月々のレンタル料のみでいいのです。

 

月々の料金は商品によって異なりますが、

月約3000円~約7000円くらいになります。

 

商品によって機能も異なりますが、

冷水と温水、常温水が使えます。

 

なので、

ウォータースタンドのプレミアムラピアシリーズはお勧めです。

ウォータースタンドのプレミアムラピアシリーズ

はお勧めします。

 

ちなみに、ウォータースタンドは下記の
公式サイトから購入可能です。
↓ ↓ ↓

⇒『ウォータースタンドの詳細を見る』

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ