水道水を美味しく飲む方法7選

Pocket

水道水ってそのまま飲むとおいしくないですよね!

 

この記事では水道水を美味しく飲む7つの方法を解説していきます。

水道水を美味しく飲む方法

水道水を美味しく飲む方法その1(お水の温度)

水道水を美味しく飲むための方法の1つとして挙げらるのは、

水温が20度以下であるということです。

 

夏場になると水温が高くなり、とてもぬるく感じられて美味しくありませんね!

 

逆に冬のお水は冷たくておいしいことが多いです。

 

そのため、冷蔵庫で冷やして温度を下げた方がおいしいのです。

 

氷を入れて飲んでもおいしく感じられますね!

 

水道水を美味しく飲む方法その2(ミネラルの量)

ミネラルがどれだけ含まれるかによっても、

水道水が美味しく飲めるかは変わってきます。

 

水道水を美味しくの飲むために必要なのは、ミネラルの量のバランスです。

 

ミネラルの量が多いと苦みや渋みが増し、

適度に含まれるとこくのあるまろやかな味がします。

 

ミネラルが含まれない純水では、水本来のくせのない

味が味わえます。

 

水道水は多少ミネラルが含まれているので、

天然水や井戸水のように美味しく飲むには、

浄水器でミネラル分などをろ過する方法がベストです。

 

水道水を美味しく飲む方法その3(硬度)

水道水を美味しく飲む方法として、硬度も重要です。

 

ミネラルの中でも、カルシウムやマグネシウムは多く含まれているため、その分量によって硬度が変わってきます。

 

硬度の低い水はくせがなくおいしいですが、

高いと苦みが増して好き嫌いが出る味になります。

 

美味しい水の硬度としては1リットルあたり10mg~100mg

あたりがベストです。

 

なので、浄水器などでミネラルを減らす、または除去するといいかもしれません。

 

水道水を美味しく飲む方法その4(遊離炭酸)

水道水には、遊離炭酸という炭酸ガスが溶け込んでいて、

その分量によって、水道水の美味しさが変わってきます。

 

水にさわやかな味を与え、美味しいと感じさせるだけでなく、

血行促進や疲労回復効果まであります。

 

しかし、多いと刺激が強いので、水道水を美味しく飲むには適度な量がいいでしょう。

 

こちらも浄水器がおすすめです。

 

水道水を美味しく飲む方法その5
(過マンガン酸カリウム消費量)

有機物質の量であり、それが多いと渋みも増えるために、

多量に含まれると水の味が損なわれてしまいます。

水道水を美味しく飲む方法その6(臭気度)

水源などの状況によっては、においがつく場合があり、

それによって不快な味がすることもあります。

 

なので、浄水器などで対策も必要になってきます。

 

水道水を美味しく飲む方法その7(残留塩素)

残留塩素は、水道水の水にカルキ臭を与えるので、

濃度が濃ければ濃いほど水をまずくしてしまいます。

なので浄水器などで対策が必要です。

 

まとめ

水道水の水を美味しく飲むには、

 

1、冷たい水であること。

2、ミネラルが適度な量、または含まれていないこと。

3、硬度が低いこと

4、遊離炭酸が少ないこと

5、過マンガンカリウム消費量が少ないこと。

などです。

ほかに、二酸化炭素が十分溶けていると水に新鮮でまろやかな味を与えてくれます。

 

なので、結局は、ミネラル、硬度、二酸化炭素の三要素が重要と言えます。

 

冷えた水で、7つの方法を可能とし、三要素を満たすためには、

浄水器がベストでしょう。

そこでおすすめするのが、ウォータースタンドです。

 

ウォータースタンドは、水道直結式のウォーターサーバーで、

水道水をきれいに浄水してまるで、湧き水のようにおいしくしてくれます。

 

常温、冷水、温水と使うことが可能で、とてもコンパクトなので、

便利です。

 

費用は機種によってことなりますが、

月3000円~7000円のレンタル代のみで、

水道は使い放題です。

 

なので、ぜひ活用してみるといいでしょう。

ちなみに、ウォータースタンドは下記の
公式サイトから購入可能です。
↓ ↓ ↓

⇒『ウォータースタンドの詳細を見る』

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ