Pocket

フレシャスの電気代はいくらかかるのか?調査してみました。

フレシャスは冷水や温水を作るのに電気代がかかると思います。

特に温水はそうでしょう。

フレシャスの電気代は実際どうなっているのでしょうか?

調べてみました。

フレシャスの電気代はいくらなのか?機種ごとの違いとは?

フレシャスの電気代は最も安くてデュオの330円です。

それも各サーバーに省エネ機能がついているので、

それによって可能な価格といってもよいでしょう。

それでは各サーバーの電気代についてみていきます。

 

デュオ = 約330円

スラット = 約380円

デュオミニ = 約490円

サイフォンプラス = 約750円

サイフォンミニ = 約950円

キャリオ = 約340円

 

 

使用頻度によっても、電気代は違いますが、

省エネモードを使いつつ、

目安として考えるとこれくらいの電気代となります。

なのでかなりお得とです。

 

電気ポットでの湯沸かしや冷蔵庫の開け閉めによる電気代や、

湯沸かしのためのガス代なども節減できます。

 

フレシャスの電気代はなんといっても

DEWOがもっとも安くて330円です。

節電機能によって電気代が70%節電されているために、

実現可能なものといえるでしょう。

一番おすすめなのがフレシャスDEWOでしょう。

なぜかというと、3種類の節電機能を備えていて、

そのことによって70%もの電気代をカットできるからです。

 

そのために、フレシャスの中では一番電気代がかかりません。

その3つを紹介していきます

一つ目はスリープ機能になります。

部屋の明るさを光センサーによって「感知し、
ヒーターの電源を自動的にオフにすることができます。

そのために、ウォーターサーバーを使ってない

夜中などの時などは、

作動しないようになるので、不要な

電力消費を抑えることができるのでとても高機能なシステムです。

 

二つ目が、エコモードです。

 

エコモードを作動させることにより
温水の温度を普通より15度程度下げることが可能になるために、
節電が可能になります。

エコモードは、エコボタンを押すだけで簡単に作動

させられるので、簡単で便利です。

 

三つ目が、デュアルタンクの構造です。

これは、冷水と温水を分離させることにより、

節電できます。

今までは繋がっていた温水と冷水を分けることにより、
分けることにより、タンク同士による熱干渉がなくなり、
大幅な節電が可能になりました。

この三つが合わさることによって

従来のウォーターサーバーと比べ最大70%以上の電気代をカットすることが可能になりました。

 

フレシャスは電気代も天然水も安く機能性があって、

とても便利なサーバーです。

 

おすすめできるウォーターサーバーです。

 

ちなみに、フレシャスは下記の
公式サイトから購入可能です。
↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事