vienhoang / Pixabay
Pocket

このページでは、水道水をより安全に飲むための方法を考ていきます。

水道水の安全性を考えると、朝一番の水はさけなければなりません。

これは、マンションに設置された貯水槽や 、貯水槽から各家庭の蛇口までの水道管の不良状態などのためです。

なので、マンション(集合住宅)住まいの場合は、水道水に鉄分が多く含まれることにしばしば悩まされるようです。

しかし、マンションにかぎらず、水道管が 古い場合には鉛管から鉛が溶けけだすこともあります。

一戸建住宅 であっても、朝一番に使う水、すな わち夜間に水道管にとどまっていた 水が、いやなにおいを発するときがあります。

こうした状態に対応するには、まず蛇口をひねって水をいっきに流し、約一分間、つまり普通のバケツでおよそ一杯分=8リットルは流しっぱなしの状態にし、その後の水を飲み水や調理用にすることです。

とくに、 外出などで留守をしたときは、やや多めに2分間ぐらい流します。

もちろん、最初に流しっばなしにした水は、バケツに取って、ぞうさんがけなどの水として利用してください。

また、夜のうちに口の広い容器に水を汲んでおき、一晩そのままにして塩素臭を抜く方法(及み置き法) もあります。

しかしこの方法では、 水中に細菌がぷえるおそれがありま す。ただし、これは決して有害では ありません。

トリハロメタンを取り除くにはどのようにしたらよいか?

厚生省では、トリ八ロメタンの総 量を0.1ppm以下でなければならな いと定めています。

実際の水道水は、 この基準値以下です。

しかしトリハロメタンが少ない方が安心できるでしょう。

そこで有効な方法を紹介します。

トリハロメタンの除去法を簡単に説明すると、取り除く方法は 、まず、10分間沸騰させるのがもっとも手間がかからない簡単で効果的な方法です。

 

トリハロメタンは、高温では一時的に増えますが、10~20分ほど沸騰しつづけることによって、 ほぼ完全に蒸発してしまいます。また家庭浄水器などでも、ほぼ完全に トリハロメタンを吸収することがで きるものがあります。

 

こうして一度沸かした水を冷やせ ば、おいしくて安全な水が飲めます。もし、それでも不安なのであれば、浄水器をお勧めします。

そういう時は、浄水機能を備わった

水道直結式サーバーであるウォータースタンドをお勧めします。

 

月々の3000円〜7000円のレンタル料金のみで、

水道水が天然水のような美味しさに変わります。

 

クセのない、ピュアウォーターになります。

 

ウォータースタンドとは何か?

 

 

ウォータースタンドは、ミネラルを含めて、

 

他のほとんどの有害物質も除去できるため

健康のにためになります。

 

もちろんトリハロメタンも除去可能です。

 

逆浸透膜フィルターによって、

有害物質のほぼ99%が、

除去可能で安全安心して水道水を飲むことが可能です。

 

ウォータースタンドは、このように

普通のウォーターサーバーと違って、

コンパクトなタイプなサーバーとなっており、

水道直結式のウォーターサーバーになります。

 

なので水道水と同じように、使い放題なんです。

 

また、ウォータースタンドのプレミアムラピアシリーズは、

月々のレンタル料のみでいいのです。

 

月々の料金は商品によって異なりますが、

月約3000円~約7000円くらいになります。

 

商品によって機能も異なりますが、

冷水と温水、常温水が使えます。

 

なので、

ウォータースタンドのプレミアムラピアシリーズはお勧めです。

ウォータースタンドのプレミアムラピアシリーズ

はお勧めします。

ちなみに、ウォータースタンドは下記の
公式サイトから購入可能です。
↓ ↓ ↓

⇒『ウォータースタンドの詳細を見る』

 

 

 

 

おすすめの記事