ulleo / Pixabay
Pocket

ここ最近、スーパーやコンビニなどでいろんな種類のミネラルウォーターを見かけることが多くなり、

飲食店などでもミネラルウォーターを出しているお店も多いようです。

それももっともかもしれません。なぜなら、今現在約800種類以上ものミネラルウォーターが国内の市場を流通しているからです。同じ水でもデザインだったり種類が違うのもの含めるともっと多いかもしれません。

硬度や採水地、ミネラルの量やデザインなどもそれぞれ違いますので、

選ぶ基準はいろいろありますが、

こんなにあるとどれを選べばいいのか悩む人も多いのではないでしょうか?

しかし、原水だったり、衛生面はしっかりりしているかなど、

そういう面で見ておかなければならないところもあるでしょう。

そこで、その判別の仕方を見ていきましょう。

ミネラルウォーターの種類と判別の仕方とは?

この二つの違いは、ミネラルが溶け込んでいるかどうかで、ミネラルが溶け込んでいればナチュラルミネラルウォーターです。しかし、その量の定義は明確でないので、どのくらいでナチュラルミネラルウォーターなのかというラインは各製造者か販売者が決めているということです。

一度、ミネラル量を確認してみるといいと思います。

ちなみにミネラルとは本来は採水地の土壌の中に含まれているものであって、自然の経過の中で溶け込まれたものと言えます。

その一方、ミネラルウォーターは、ナチュラルミネラルウォーターを原水としたもので、品質安定をさせるためのミネラルの調整やばっ気、原水の混合などが施されているのです。

そして上記3つ以外の水がボトルドウォーターあるいは飲用水ということです。まず上記3つと大きく異なるのは、原水が地下水でないものも含まれるということです。

ミネラルバランスの良いウォーターサーバーを選ぶのも一つの手段。

ミネラルウォーターは、湧き水でも地下水を原水としたものなので基本的には水道水より健康にいいです。

 

しかし、副作用や、採水地、水の期限などを考えると、

ウォーターサーバーを考えるのもいいかもしれません。

 

ペットボトルのお水では負担ではありませんか?

また、ミネラルバランスなどが気になる方は、

ウォーターサーバーをお勧めします。

 

ミネラルは五大栄養素の一つです。

 

プレミアムウォーターは

特定水源から採水された地下水に鉱物等のミネラルが溶け込んだお水。

 

味や栄養分を調整するために
人工的にミネラル分を足したり、成分に手を加えていない。自然本来のおいしさを味わえる、

ナチュラルミネラルウォーターです。

 

なので市販のものと違い、高品質の水を実現しています。

ペットボトルのミネラルウォーターのデメリットとウォーターサーバーのメリットとは

定期的に飲み場合は毎回購入するのも負担だと思います。

そして、置き場所などにも困りますね。

そこで、その面倒なところを解決してくれるのが、

ウォーターサーバーというわけです。

冷水温水機能がついてるタイプもあるので、

コーヒーやカップラーメン、料理などにもすぐに使えますし、時間短縮にはもってこいです。

 

さらに500mlあたり83円なので、

市販のミネラルウォーターと比べてかなりお得です。

 

台所かまたは、どこかウォーターサーバーを置くスペースを確保できれば、毎回ペットボトルの水を買いに行く必要はありませんし、

置く場所にも困りません。

 

メンテナンスも不要なのでお得です。

 

ウォーターサーバーはプレミアムウォーターがオススメです。

プレミアムウォーターは、高品質で高水準の水質、そしてデザイン性がとてもよく、極上のミネラルウォーター誇るウォーターサーバーです。

ちなみに、プレミアムウォーターは下記の
公式サイトから購入可能です。
↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事