RO水

ro水超純水違い*について項目を分けて見てみる!

Pocket

ro水の特徴

ro水超純水違い

RO水の特徴としてよくいわれるのが、水をきれいにする特別なフィルターを通すことによって、汚れた水をきれいにしてしまうという完全までにきれいさを徹底した水です。

普通の天然水とは違いやすく作れるので、RO水にミネラルを含ませて天然水と変わらない味になるということもあります。

硬度

RO水の硬度はとても低く0~50mgぐらいで髪にも浸透するくらいとてもやさしい水です。

主な用途

髪にも浸透しやすいため寝ぐせ直しにも使えますし、
柔らかい水なので、洗濯や料理などいろんなことに使える水です。

超純水の特徴

ro水超純水違い

超純水の特徴は基本的にはRO水と似ていて、なかなか取り除けない汚れなどといったものを完全に綺麗にして飲みやすくしているとてもきれいな質の水です。

硬度

軟水ですがそれ以上の特徴はありません。

主な用途

洗浄や機械の製造工程に使われることが多いです

比較的安価でもあるためいろいろと使われています。

 

 

体へのメリット

超純水は体にはよくないということが言われています。
詳しく知りたい場合はこちらに詳細が書かれていますので是非ご覧ください。
出典:https://incorporationlive.com/column/fujita-column/water-by-which-deionized-water-makes-itself-ill/

 

ro水と超純水比較ポイント

ro水超純水違い

では、RO水と超純水の比較をしていきます。

飲み比べ

・RO水はミネラルを付加して飲みやすくしている場合が多く、
基本的には天然水に近い味になっていることがあります。

・超純水は、飲むことに関してはおすすめできません。
体のミネラルを奪い下痢などの反応を起こします。

価格差

RO水と超純水は使う用途が違うのですが、価格は超純水の方が安いです。
飲むのに適していてかつ安いのはもちろんRO水ということになります。

保存方法

RO水は、直射日光は避けて冷暗所や冷蔵庫にて保存できます。

超純水はも同様に保存するといいでしょう。

おすすめの選び方

ro水超純水違い

超純水の方は飲むのに適した水ではないので、RO水を選ぶことをお勧めします。
ミネラルが付加されているRO水は多いですのでまろやかで飲みやすいのでとても美味しい天然水みたいなイメージです。